妊活サプリの成分マカ、葉酸、亜鉛について

妊娠率を上げたり不妊を改善するには、病院で行う治療以外に民間療法として生活習慣や食生活の改善などがあります。
最近ではサプリメントも多く販売され、その効果も期待されており、手軽に手に入れられるようになりました。
そういった現状の中、現在はマカ、葉酸、亜鉛などのサプリメントにも注目が集まっています。
どちらにしても健康的に妊娠するために必要となる栄養素が配合されており、妊娠を望む人には得にお勧めです。
しかし、商品が多くありすぎてどれを選べばいいのかわからないという声も多くあります。
どの商品もそれぞれにメリットがあり、妊娠を望む女性のみならず男性が利用しても効果が期待出来る成分もあります。
そこで、マカ、葉酸、亜鉛の特徴を説明していきますので、参考にしてみてください。

 

〇マカ
マカは、南米ベルーに生育している植物です。根おの部分が古来からハーブとして利用されてきました。
高地で生育する植物なので、過酷な環境の中でも生きていくために必要な大地の栄養をぐんぐん吸収しています。
ですので、ミネラルが豊富でアミノ酸もたくさんの種類が含まれているのが特徴です。
他にも、植物性のエストロゲンが女性の卵巣の働きを活発的にしてくれる作用を持つため、妊娠を望む女性から注目が集まっています。
また、マカには亜鉛も豊富に含まれています。

 

〇葉酸
葉酸は細胞分裂や遺伝子の構成を促進する作用があり、新陳代謝アップにも効果的です。
新陳代謝がアップすると体の巡りが良好になり、不妊の改善にも効果的です。
男性は、精子に染色体異常が発生しにくいという点があります。

 

〇亜鉛
亜鉛は、男性の精子の量に関係している栄養素です。
他にも、亜鉛が足りていない女性は月経不順になりやすくなってしまい、これは不妊にも関係してきます。
マカ、葉酸、亜鉛には個々の働きがあり、中でも葉酸と亜鉛は普段から必要な栄養素なので、意識して摂取することをお勧めします。
マカは本来、日本には生育していない植物なので絶対必要とは言い切れませんが、栄養が非常に豊富で万能な植物なので、摂取することで妊活を後押ししてくれるでしょう。

 

葉酸を飲むタイミング

これから葉酸サプリメントを始めようとしている人も少なくは無いでしょう。
その時気になるのは、葉酸サプリメントを飲むタイミングです。
可能ならば一番最適な時間に摂りたいと思うでしょうから、飲む際の最適なタイミングについて説明します。

 

〇効果を最優先するなら食間
サプリメントが有効に吸収されるのは、空腹に近い状態です。
出来るだけお腹に食品が入っていない時間帯が好ましいので、食事と食事の間である食間に飲むのが有効です。
葉酸が水溶性のビタミンBの仲間であることも、空腹の際に飲むのが最適と言うわけです。
水溶性なので体の中に長い時間とどまれないので、一度にたくさん摂取すると使いきれなくて余ってしまい、その分は尿と一緒に体外に排出されてしまう事があります。
例を挙げると、朝ごはんとランチの間に1度、ランチと夜ごはんの間に1度、夜ごはんと就寝までの間に1度と、1日3回に分けて飲むのがお勧めです。
就寝中に葉酸がしっかり働いてくれるため、就寝前に飲んでおくのも良いでしょう。

 

〇胃への負担を減らすなら食後
胃があまり強くない人も多いでしょう。
体への負担を出来るだけ減らしたい人は、食後に葉酸を飲むと良いでしょう。
妊娠中は普段とは異なり体調も変化し、少しの事でもストレスになることもあります。
無論、サプリメントそのものが体に負担を掛けにくい造りになっているのは当然です。
その事から、飲むタイミングを待ちがわなければ、ストレスをかけることなく体に効果的ということです。

 

葉酸は赤ちゃんにどう関わるの?

葉酸の働きの一つは、体内でアミノ酸やたんぱく質の代謝をサポートすることです。
葉酸の不足は、新陳代謝を鈍らせ、人体のエネルギーの供給が滞ってしまう場合もあるのです。
また、ビタミンの代謝にも関わっているため、他の栄養素たくさん摂っていたとしても、葉酸を十分摂っていないと体調が悪化する
原因になります。
葉酸は、あらゆる年代の人にとって必要な成分ですが、特に胎児には必要不可欠です。
なぜ赤ちゃんに、特別に葉酸が必要なのでしょう?赤ちゃんの成長に葉酸がどのように関わるのかを、説明します。

 

○葉酸と細胞分裂
葉酸は、人の成長過程で、繰り返し行っている細胞分裂を活発化する、核酸を作り出すために欠かせない成分です。
人間は、わずか10ヶ月の間に、活発な細胞分裂を繰り返し、お母さんのおなかの中で、胎児から人間の姿に変わっていき、
やがて十分な成長をとげ、産まれてきます。葉酸はこの細胞分裂をサポートする働きをします。
ですから、お母さんの体内にいる間に、葉酸が不足してしまうと、活発な細胞分裂が行われず、赤ちゃんの体に障害が出てしまう恐れもあります。
葉酸は、赤血球の形成を助ける働きもあるため、血液や心臓といった部分に関連性のある器官を丈夫に育てる
ためにも、葉酸を胎児の時に十分に補給する必要があります。

 

○葉酸とDNA
人間が細胞分裂をする時、DNAの情報が正しく受け継がれれば、細胞分裂に支障をきたす事もありません。
しかし、DNAが間違えて他の細胞に受け継がれてしまうと、細胞分裂もうまくいかず、人間の体に悪影響が出る場合があります。
DNAの異常が引き起こす病気の代表に、ガンがありまが、胎児に多く見られるのは先天性の異常と言われる障害です。
葉酸には、先天性異常を予防する働きが備わっていることが、研究でわかってきています。妊娠がわかったら、お母さんは自分と
赤ちゃんの分まで、しっかり葉酸を摂って、赤ちゃんの健康を守りたいですね。
お世話になってる妊活サプリのサイト⇒妊活サプリはコレで決まり

更新履歴